流石景『ドメスティックな彼女6』|夏生~、瑠衣のこと泣かすなよ~。

2018年12月13日執筆

 

前の巻『ドメスティックな彼女5』の紹介記事

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

最近、運動しないせいか、食欲も落ち着き気味です。

まあ、それでも痩せてる人よりは飲み食いしてますけどね~。

冬はおいしいものが多いんですよね。

 

この記事では、流石景『ドメスティックな彼女6』(週刊少年マガジンコミックス、2015年)を紹介していきます。

 

1.あらすじ

前の巻からの流れで、失恋してしまう瑠衣。

一方、なんだか態度が冷たい陽菜。

陽菜がこれまでよりも積極的でないことを気にしながらも、夏生たちは沖縄での修学旅行に突入!!

修学旅行中に、アル(アレックスの愛称)に瑠衣との関係がバレてしまい、暴走するアレックスとまさかのバトル!!

そして、夏生と陽菜の関係の行方は!?

 

2.感想

うーん、「イマドキの高校生って、こんなにも恋愛に積極的なのか?」と思ってしまいました。

もちろん、フィクションなのですが、なにぶん、モブキャラなもので、「今風の若者はこんな感じなのか~」とか、「リア充すげー」と思ってしまう自分がいます。

ただ、夏生と陽菜が修学旅行先でイチャイチャしてたのは、フィクションにしても、ありえなさすぎると思うんですよね。

いくら何でもハイリスク過ぎる。

「これじゃあ、夏生と陽菜はただのおバカさんでは?」と思ってしまいました。

まあ、ラブコメマンガなので、ドキドキ展開にするのが優先なんでしょうし、読者的には、それでOKなんですけどね。

 

Amazon:ドメスティックな彼女6(講談社コミックス)

 

次の巻『ドメスティックな彼女7』の紹介記事