流石景『ドメスティックな彼女7』|夢に向かって歩み始める夏生。そして、シリアス突入!

2018年12月14日執筆

 

前の巻『ドメスティックな彼女6』の紹介記事

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

今日も2連投していきます。

このブログも最初は「ヒーヒー」言いながら1日に1記事書いてましたけれど、最近は2連投し続けています。

慣れっていうのは、すごいものだなと実感しています。

 

さて、それでは、流石景『ドメスティックな彼女7』(週刊少年マガジンコミックス、2015年)の紹介をしていきます。

 

1.あらすじ

陽菜の友人のマキに会い、瑠衣が文学誌の賞を受賞し、桐谷に厳しいことを言われたことで、「小説家」という自分の夢に真剣に向き合い始めた夏生。

桐谷の指導の下で、1週間に1本の短編を書くようになります。

一方、陽菜は、夏生と陽菜の距離感に違和感を感じた陽菜たちの母、都樹子に、家庭内で恋愛関係にならないように釘を刺されてしまいます。

そして……。

 

2.感想

いやー、桐谷はマジで神教師ですね。

夏生は、恋愛に限らず、夢を追うことにおいても、周囲に恵まれる主人公力を持っているようです。

それにしても、高校生が、短編を1週間に1本って、書けるもんなんですかね?

1本あたり、だいたい1万5千字としても、学校に行きながら、陽菜とイチャイチャしながらですから、夏生はかなり頑張っていますよね。

そして、この巻からガチのシリアス展開に突入するようです。

ひえ~。

 

Amazon:ドメスティックな彼女7(講談社コミックス)

 

次の巻『ドメスティックな彼女8』の紹介記事