流石景『ドメスティックな彼女18』|LGBTのお話と、陽菜の新しい相手?

2018年12月30日執筆

 

前の巻『ドメスティックな彼女17』の紹介記事

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

気楽にやっていこうと思っていたブログですが、最近、ちょっと熱くなりすぎな気がしますね。

もうちょっと心の余裕が必要かも?

 

この記事では、流石景『ドメスティックな彼女18』(週刊少年マガジンコミックス、2018年)を紹介します。

 

1.あらすじ

雅とユウカのキスしているところに出くわしてしまった夏生。

その後、ユウカと連絡が付かなくなってしまい、サークルの先輩たちと探しに行きます。

一方、陽菜は、都樹子から紹介される予定だった男、種部健吾と食事に行ったり、家に連れてきたりするのですが、いまいち自分と合わないと感じている様子。

そして、瑠衣の働くレストランに同じ前菜担当で、同い年の青年、梶田が雇われます。

 

2.感想

この巻は、昨今話題のLGBTを取り入れたお話と、陽菜の新しい相手になるかもしれない男の話が中心です。

なんというか、最近、精神的に参っているのもあって、こういうキラキラリア充たちの物語を読むのは、きついですね。

なんというか、もう明るいお話を読めば読むほど暗い気持ちになっていきますね。

陰キャ全開で申し訳ない。

 

Amazon:ドメスティックな彼女18(講談社コミックス)

 

次の巻『ドメスティックな彼女19』の紹介記事