赤坂アカ『かぐや様は告らせたい13』|始まった奉心祭、石上のつばめへの告白はどうなる!?

2019年01月21日執筆

前の巻『かぐや様は告らせたい12』の紹介記事

こんにちは、尾崎すぐるです。

今回は、赤坂アカ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~13』(ヤングジャンプコミックス、2019年)の紹介です。

 

1.あらすじ

ついに始まった秀知院学園奉心祭。

それぞれが想いを抱えて臨みます。

特に、石上は3年生の子安つばめに告白しようと決意するのですが、予想外の展開に。

相変わらず、壊れっぷりを披露するミコ。

そして、白銀は……。

 

2.感想

そろそろこのマンガ自体が終わってしまいそうですね。

寂しい限りですが、人気のあるうちに終わる作品の方が幸せなのかもしれませんね。

今回も心を病んでる感全開のミコは、ウルトラ可愛かったですね。

そして、ミコの友達のこばちが、あんなキャラだったのは、衝撃でした。

石上は、交友関係の狭さゆえの情報不足からあんなことになってしまいましたが、普通にやったら多分ひどいことになっていた気がするので、結果オーライではないでしょうか?

つばめ先輩、頼むよ、石上にいい思いさせてやってくれ。

あと、読んでると忘れがちですが、白銀はガチエリートなんですよね。

どのみち離れ離れになると分かっていてかぐや様の恋人になろうとする白銀もなかなかの肉食系ですが、エリートらしいと言えば、エリートらしいですね。

Amazon:かぐや様は告らせたい13(ヤングジャンプコミックス)