吾峠呼世晴『鬼滅の刃11』のあらすじと感想|妓夫太郎の出現で激化する戦いの行方は!?

2019年01月13日執筆

 

前の巻『鬼滅の刃10』のあらすじと感想

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

今日ももう1つ『鬼滅の刃』の記事を書こうと思います。

どんどん先を読んでしまうので、記事もどんどん書くことになってしまってます。

では、吾峠呼世晴『鬼滅の刃11』(ジャンプコミックス、2018年)のあらすじと感想です。

 

1.あらすじ

上弦の陸・堕姫の首を切断し、倒したはずだったのですが、堕姫の身体の中から彼女の兄・妓夫太郎(ぎゅうたろう)が出てきます。

毒の鎌を両手に持ち、毒血の斬撃を飛ばす血鬼術を使うだけでなく、妹の堕姫と視界を共有してサポートまでする妓夫太郎の圧倒的な戦闘力に、「柱」の宇随も含めて厳しい戦いを強いられます。

どうやら、妓夫太郎と堕姫の両方の首が切り離された状態にしなければ、消滅させられないようです。

妓夫太郎を宇随に任せる判断をして、炭治郎、善逸、伊之助の3人で一度は堕姫の首を飛ばすのですが、その間に宇随がやられてしまいます。

炭治郎と宇随は、機転を利かせて妓夫太郎の隙を衝くのですが……。

 

2.感想

この巻で、上弦の陸との戦いは完結します。

2人で1体の鬼扱いで、それぞれが別の血鬼術を使えるというのは、割と絶望的な強さでした。

そもそも論として、猗窩座や妓夫太郎・堕姫の戦力を考えると、鬼殺隊も「柱」2人以上で戦うべきなのではないかと思うんですけどね。

単純に数が足りてないんでしょうか?

ただ、今回の戦いで、上弦の鬼にもほんのわずかな時間であれば、藤の花の毒が効くことが分かったのは収穫だったんじゃないのかなあと思います。

あと、そろそろツッコんでもいいかなと思うので書きますが、宇随の「音の呼吸」って、あんまり呼吸関係ないですよね、アレ。

 

Amazon:鬼滅の刃11(ジャンプコミックス)

 

次の巻『鬼滅の刃12』のあらすじと感想