吾峠呼世晴『鬼滅の刃14』のあらすじと感想|恋の呼吸は、敵の攻撃自体を斬れるみたい

2019年01月16日執筆

 

前の巻『鬼滅の刃13』のあらすじと感想

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

今日は、昨日サボったので、一生懸命に記事を書いております。

では、この記事では、吾峠呼世晴『鬼滅の刃14』(ジャンプコミックス、2019年)のあらすじと感想を書いていきます。

すごく面白い『鬼滅の刃』なのですが、これで今出てるのはおしまいです。(ノД`)・゜・。

 

1.あらすじ

前の巻からの続きで、上弦の肆、上弦の伍との戦いです。

玉壺と戦っていた時透は、積み重なったきっかけから記憶を取り戻し、迷いの無くなった圧倒的な実力で玉壺を撃破します。

一方、半天狗の首を斬ろうとする炭治郎ですが、硬くて切れない上に、半天狗は喜・怒・哀・楽の4体をまとめて、「憎」の分身体を生み出します。

圧倒的な力を持つ「憎」の半天狗ですが、恋柱の甘露寺蜜璃が助けに来てくれます。

鞭のようにしなる特殊な刀と恋の呼吸で、なんと敵の攻撃自体を斬ってしまう蜜璃ですが……。

 

2.感想

いやー、時透も蜜璃も規格外の強さですね。

この手のバトルマンガというのは、大抵インフレしていくものなので、単純にキャラクター間の戦力の比較をするのは難しいのですが、どう見ても炎柱の煉獄や音柱の宇随よりこの2人の方が強いですよね。

時透なんて、ほとんど1人で上弦の鬼を倒してしまいました。

それにしても、玉壺の最終形態のアレ、なんなんですかね。

殴ったところが魚になるってなんやね~ん。

あと、しのぶ、宇随、蜜璃は、特殊な刀を使ってましたから、今後も変態刀が登場するかもしれないなと思うと、ワクワクしますね。

他に、変な刀を使いそうなのは、蛇柱と岩柱の2人ですかね?

 

Amazon:鬼滅の刃14(ジャンプコミックス)