深見真ほか『魔法少女特殊戦あすか9』|タマラを救え!「狼男」に潜入ミッション!

2018年12月26日執筆

 

前の巻まで『魔法少女特殊戦あすか1~8』の紹介記事

 

こんにちは、尾崎すぐるです。

今日はラノベの読書が間に合わなかったので、1記事目がマンガの紹介です。

出たばかりの新刊ですよ!!

 

では、深見真ほか『魔法少女特殊戦あすか9』(ビッグガンガンコミックス、2018年)を紹介していきます。

 

1.あらすじ

ウクライナでの非正規戦を終え、日本に戻ってきたあすかたち。

自衛隊と警察は、「ロシア軍がタマラに非道な方法で命令を聞かせている」という情報を入手する。

そこで、以前の作戦で捕縛し、仲間に引き入れた魔術傭兵のナーズィニーが、ロシア軍参謀本部とつながりのあるロシアンマフィア「狼男(オボロートル)」に潜入捜査をすることに。

一方、あすかとくるみは、学校の文化祭でミニスカメイドに変身!

 

2.感想

今回は新ミッションに突入するワクワク巻でした。

魔術傭兵と魔法少女の違いについても解説が入ってましたが、まあ、戦う分にはそれほど違わない気がしました。

今回は、「狼男」の魔術傭兵も出てきますが、彼らの魔術を見た感じ、魔法少女よりも魔術傭兵の方が厄介な場面もありそうです。

あと、あすかのミニスカメイドは、高校の文化祭では、多分、禁止されてもおかしくなかった感じでした。

お楽しみに!

 

Amazon:魔法少女特殊戦あすか9(ビッグガンガンコミックス)