『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の紹介記事まとめ

安彦良和ほか『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN』(角川コミックス・エース)のあらすじと感想を書いた紹介記事のまとめ記事です。

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  1』始動編

スペースコロニー「サイド7」がジオン軍少佐のシャア・アズナブルが送り込んだモビルスーツ「ザクⅡ」の部隊に強襲され、アムロ・レイは連邦軍のモビルスーツ「ガンダム」に乗って戦うことになります。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN1』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE  ORIGIN  2』激闘編

アムロたちの乗る連邦軍の強襲揚陸艦「ホワイトベース」は、サイド7を脱出し、シャアの追跡を受けながらも連邦軍の宇宙基地「ルナ・ツー」を目指します。

ホワイトベースの艦長となったブライト・ノアの機転は、補給中のシャアに打撃を与えるのですが、当然、シャアも反撃に出ます。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN2』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  3・4』ガルマ編

地球へと降下したホワイトベースは、降下時のシャアの攻撃により降下地点がズレてしまい、ジオン公国を支配する一族であるザビ家の末子ガルマの勢力圏、北米に降りてしまいます。

また、アムロは、地球で母と再会するのですが、母は変わってしまったアムロを受け入れてはくれませんでした。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN3』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN4』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  5・6』ランバ・ラル編

ガルマの勢力圏を切り抜けたホワイトベースでしたが、今度は古参のジオン軍大尉ランバ・ラルの乗る白兵戦特化型モビルスーツ「グフ」に襲われます。

また、アムロの扱いに悩むブライトが操舵士のミライにアムロをガンダムから下ろすかどうかについて相談しているのを聞いたアムロは、ホワイトベースからガンダムごと脱走してしまいます。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN5』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN6』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  7・8』ジャブロー編

ランバ・ラルの仇を討とうとするラルの恋人クラウレ・ハモンの奇襲を受けたホワイトベースは、ついにクルーから戦死者を出してしまいます。

そして、ホワイトベースは地球軍の本部「ジャブロー」にたどり着きますが、ジャブローはシャアによる潜入奇襲攻撃を受けてしまいます。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN7』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN8』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  9・10』シャア・セイラ編

この巻からしばらくは過去編になります。

ジオンの創始者ジオン・ズム・ダイクンの子に生まれたキャスバルとアルテイシアは、父をザビ家に謀殺され、身の安全のためにラルやハモンの手を借りて地球へと逃れ、それぞれエドワウ・マス、セイラ・マスと名を変えて生きることになります。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN9』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 10』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  11・12』開戦編

シャア・アズナブルと名を変えてジオン軍の士官学校に入学したキャスバルは、優秀な成績で卒業するのですが、ジオンの暴動を鎮圧する連邦軍の治安出動を防ぐために武装蜂起を扇動したため、軍をクビになります。

その後、地球に降りたキャスバルは偶然にも不思議な力を持つララァと出会い、さらに、完成したモビルスーツのパイロットとしてジオン軍に戻ります。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 12』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  13・14』ルウム編

ジオン軍は、「コロニー落とし」によって地球に大被害を与え、連邦との戦争を優位に進めていきます。

そして、ジオン軍は、コロニー群でありながら連邦寄りの立場をとるサイド5「ルウム」をモビルスーツ部隊を伴って攻撃し、「赤い彗星」シャアや「黒い三連星」ガイア・マッシュ・オルテガの大活躍もあり、連邦軍を退けて勝利します。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 13』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 14』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  15・16』オデッサ編

ジャブローを攻撃された連邦軍の艦隊はジオン軍の地球における本拠地である「オデッサ」に攻撃に向かうのですが、その途中でベルファストに寄港したホワイトベースは、シャアの部下たちが操縦する水陸両用モビルスーツの部隊に攻撃を受けます。

そして、オデッサでは、ジオン軍の智将マ・クべが迎え撃ちますが、連邦軍との決戦時には既に黒い三連星もガンダムに倒されており、オデッサのジオン軍に大した戦力は残っていなかったので、マ・クべはある作戦を実行します。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 15』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 16』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  17・18』ララァ編

宇宙に戻ったアムロは、サイド6で正気を失った父とお別れをし、新しくララァと生身のシャアに出会います。

そして、ホワイトベースはサイド5「テキサスコロニー」の調査を命じられ、アムロたちモビルスーツ部隊は、「ニュータイプ」兵士のシャリア・ブル大尉が操縦するニュータイプ用モビルアーマー「ブラウ・ブロ」と戦うことになります。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 17』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 18』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  19・20』ソロモン編

ガンダムは、より運動性を高める「マグネットコーティング」による強化を受け、連邦軍によるドズル・ザビの護るソロモン攻めに参加します。

そして、その後に連邦軍艦隊は謎の攻撃を受けるのですが、その攻撃の正体は、ララァのニュータイプ専用モビルアーマー「エルメス」によるオールレンジ攻撃でした。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  21・22』ひかる宇宙編

ギレンの殲滅兵器「ソーラ・レイ」によって艦隊の大部分を失ってしまった連邦軍は、ギレンのいる「ア・バオア・クー」に総攻撃を仕掛けるのですが、シャアとララァがアムロの前に立ち塞がります。

そして、アムロとシャア、ガンダムと「ジオング」は、最終決戦に臨みます。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 21』の紹介記事

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 22』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  23』めぐりあい宇宙編

モビルスーツ戦の後、アムロは、ジオングから脱出したシャアを追いかけてア・バオア・クーの深部に進み、シャアと戦い、話します。

シャアが戦ってきた本当の理由が察せられる本編最終巻。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 23』の紹介記事

 

・『機動戦士ガンダム  THE ORIGIN  24』特別編

一年戦争の前のお話を2本、一年戦争の後のお話を2本、合計4本の短編集です。

ギャグを交えた内容で、正直、蛇足というよりオマケの番外編といった感じです。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24』の紹介記事