コスパ意識の足りていない「継続」の残念さ

こんにちは。

今日は思ったことを書いていきます。

 

・「継続が大事」とは言うけれど……

ぼくがこのブログを始めてから、もう少しで7カ月になる。

このブログには238記事あって、それぞれの記事にアドセンスやAmazonリンクを貼っているけれど、得られた収益は1,000円にも満たない。

投下した時間やお金(コスト)に対して、得られたお金(パフォーマンス)があまりにも少なすぎる。

つまり、コスパ(コストパフォーマンス)があまりにも悪すぎる。

ブログを勧める人たちは「続けていれば勝てる」とか「継続が大事」と言うけれど、コスパ意識はもっと大切だったと今になって思う。

 

・投下したコストを記録すらしていなかった

この記事を書くための下書きをしていて気付いたのは、ぼくがこのブログに費やしたコストの正確な記録が無いということだ。

コスパ意識が低すぎて、自分が使った時間やお金を後で振り返る準備すらしていなかった。

良い結果が出なかったことよりも、結果から学ぶ準備をしていなかったことを反省している。

コストの記録をしていれば、もっと早く自分のやり方のマズさを認められたかもしれない。

 

・コスパを意識していないと残念な「継続」になってしまう

もしかすると、ずっとブログを継続していれば年単位、月単位では満足いく結果が出ることもあるのかもしれない。

ただ、長い期間でコストに見合ったパフォーマンスを上げるためには、厳しいコスト管理とそれなりの収益獲得が求められる。

コスパをきちんと意識しないで考え無しにブログを書き続けても、コストが嵩むばかりだった。

この残念な結果を今後の教訓にしたいと思う。