TSUTAYAの漫画レンタル、20冊1,000円はヤバイ〜

f:id:suguru_ozaki:20191207093825j:plain

2019年12月07日投稿

目次

 

1.TSUTAYAの漫画レンタルを試してみた

昨日は、TSUTAYAに行って漫画をレンタルしてみた。

ちょっと前にネットカフェに漫画を読みに行った記事を書いた。

その後でTSUTAYAが漫画もレンタルしていることをふと思い出し、そちらの方が安く済むのではないかと考えて、今回はTSUTAYAに行ってみたのである。

ネットカフェは、それ自体の代金の他に移動のための交通費(バス)が往復で800円もかかってしまうので、あまり経済的ではなかったのだ。

そこで今回は、歩いて(0円!!)TSUTAYAを訪ねた。

 

2.TSUTAYAまでの過酷な道のり

歩いていけば交通費がかからないと言っても、ぼくの家からTSUTAYAまでは結構遠い。

それを歩くとなると、運動不足の身にはなかなかの負担だ。

片道1時間30分、往復で3時間の道のりは、かなりきつかった。

ドラクエウォークをやりつつ気を紛らわしながら歩いたのだが、身体が悲鳴を上げているのを無視するのは難しかった。

歩き方が悪いのか、特に左足の外側が痛かったのだが、身体が余裕を失っていくにつれて徐々に痛くなくなる。

おそらく、疲れた状況で無意識に歩き方を効率化していたのだろう。

そんな苦労をして、ぼくはなんとかTSUTAYAにたどり着いた。

 

3.20冊借りても1,000円の衝撃

TSUTAYAに到着してレンタル用のたくさんの漫画が並んでいる棚のところに書かれた料金を見て、ぼくは衝撃を受けた。

7泊8日のレンタルが、10冊で700円、20冊で1,000円と書いてあるのだ。

10冊レンタルがネットカフェに行くときの往復バス賃より安いだと……!?

そんな馬鹿なと思い、もう一度見たが、やはりそう書いてある。

信じられない気前の良さ、もはや、神サービスと言ってよいだろう。

ただ、価格に感動すると同時に、ぼくは落ち込みもした。

TSUTAYAの漫画レンタルは10年ぐらい前からやってるのに、今までスルーしてきた自分のラガードっぷりにはあきれるしかないと思ったからだ。

 

4.その場で読んですぐに返せば、楽ちん

20冊借りれば1,000円で、10冊借りるよりもお得だが、ぼくは10冊借りて700円払うことを選んだ。

なぜなら、TSYTAYAの入っている建物内で読んで、その日のうちに返すつもりだったからだ。

大量の漫画を抱えて帰りの1時間30分を歩くのは、いくら何でも狂っているようにしか思えなかったし、その地獄を返却時にもう一度くり返すとか、冗談じゃない。

そして、20冊も読み続けると、首が痛くなるだろうし、集中力が持たないのも経験則で分かっている。

ということで、10冊の漫画を3時間ほどで読んで、手ぶらで帰った。

往復の移動時間と漫画を読んでいる時間が同じなのはどうなんだと自分でも思うが、それでも荷物を持たずに出かけ、荷物を増やさずに帰れたという意味では、楽ちんだったし、770円(税込)で漫画10冊を楽しめてよかったと思う。

ぜひ、また利用したい。