より面白い記事を書くにはどうするのがよいか

f:id:suguru_ozaki:20180903215802j:plain

2019年12月22日投稿

目次

他の人のブログを読むと思うこと

こうしてブログを書いているぼくも、もちろん他の人のブログ記事を読むことがあるのだが、他の人が書いた記事を読むたびに、よくこんなこと考えるなあとか、誰でも読めるニュースをどうしたらこんな風に上手く料理できるのだろうかとか思う。

そして、そんな風に思わせる記事を量産している人もいる。

そんな感想を持つだけで思考停止していても仕方がないので、今回はどうしたら自分が書く記事の面白さをパワーアップさせられるのかを書いてみようと思う。

自分の思考整理に読んでくれる人を巻き込むなよという話だが、まあ、ブログってそういうもんじゃね?と開き直って書いていく。

どれだけ自分事として世間を眺めているか

まず、大切なのはこれだろう。

同じニュースを見ても、それを自分事として捉えて正しく思考を広げられるか、それとも、どうせ他人事だからと聞き流すか。

当然、前者の方が面白い記事を書きそうに思える。

自分事として世間のあれこれを考えるといっても、具体的にどう考えるかだが、これは2通りの自分事化の方法がありそうだ。

1つは、世間の出来事には、たいていの場合、登場人物がいるので、その登場人物の誰かになったつもりで、彼(彼女)の立場からその出来事を考えてみるというもの。

もう1つは、その出来事が、自分とどう繋がっているかを考える、つまり、その出来事が社会や他者にどのような影響を及ぼすか、そして、社会や他者を通して自分にどのような影響が及ぶだろうかと考えてみるというものだ。

そして、考えてみたことを元に、問題は何かとか、これからどうなるかとか、自分はこうしたいとか、さらに考えを進める。

あとは、その考えたことをブログに書くだけ。

う~む……。

これは多分、言うは易し行うは難し系のやつだ。

ただ、もしかすると、今この時に、ぼくがやっていることが攻略法ではないだろうか。

そう、考えてから書くのではなくて、考えをそのまま文章にしていくのだ。

こうすれば、意味不明な思考のループに入ってしまって、考えるのではなく悩むになってしまうことを防げるし、考えたことも残る。

いきなり投稿ではなく、誤字脱字の修正を含めて読み直してから投稿するのなら、それで問題ないだろう。

いや~、なんか、こういうブログの書き方も悪くないんじゃないの?という気になってきたね。

どんな知識を増やすか、それが問題だ

次は、当たり前だが、知識量を増やすことだ。

これは現在もやっていて、外出しないときなどは読書して過ごすように意識している。

面白いなと思う記事を書くブロガーたちは、基本的に博識だ。

別にそれを専門にしている学者というわけではなくても、感嘆させるだけの知識を持っている。

だから、本を読むなり映画を観るなりして学んでいくのは決定事項で、どちらかというと、知識の増やし方や、どんな知識を仕入れていくのかということの方が問題だろう。

常々思っていることだが、読書というのは、何冊読むかとか、どう読むかといったことよりも、何を読むかの方がはるかに重要だ。

このことは、いつもぼくを堂々巡りの思考のループに引きずり込む。

何かに特化して知識を身に付けても、そもそもの専門家には到底及ばないし、一方で、広く薄くだと、何事かを語れるようになるまでに時間がかかる上に、何をどこまで探索するのかという問題が出てくる。

そして、「やっぱり、ある程度の知識の深さは必要だろ。いや、いろいろ知ってる方が口を出せる範囲が広がるかな」みたいに悩む状態に陥るわけだ。

そして、この悩みをずっと引きずっているのは、ぼくが読書そのものが好きなせいで、全く無意味な読書も自分が面白いと思えば苦にならないというところからきている。

つまり、なんとなく読みたいものを読んでいたのでは、あまりにも効率が悪くなってしまう自覚があるから、こんなことで悩むわけだ。

書いていても思うが、結局、これは、どうするのが良いみたいな答えが見つかる話ではなく、こうするのだという決断をする話なので、全く無意味な悩みだ。

だから、とりあえず決めよう。

ぼくは、ある程度は広く色々なジャンルの本を読んでいく。

なぜなら、ぼくは視野が狭まりがちなので、意識的に視野を広げようとか、視点を増やそうとかする必要があるし、まあ、いろいろ知っていた方が人生が楽しそうだ。

同じものを見ても、「あ、あれは確か~で、実際にはこんな感じなんだな」とか思える方が日々を面白く過ごせそうな気がする。

どんどんうろつく

最後に、ここのところ意識している「うろつき」を増やすことが重要だろう。

やはり、豊かな経験を交えて書かれたブログの方が面白い。

唯一持っている……と言えるかどうかも微妙な「自由」を有効活用して、経験値を増やしていくのが良かろう。

ただ、ある程度は計画性を持ってうろうろしないと、時間の浪費になってしまうから、そこは気を付けたい。

問題は体力かな。

長いこと療養生活をしていて体力が雑魚過ぎるからな。

何日も連続で行動し続けられないと話にならない。

まとまった日数の連続した外出ができれば、旅行にでも行って、旅行記を書ける。

とりあえず散歩を続けて、許容可能な行動量を増やそう。