ドラクエウォークにおける失敗談と教訓

f:id:suguru_ozaki:20191225112401j:plain

2019年12月25日投稿

目次

ドラクエウォークをやっていて、失敗したなと思うこと

今日、朝起きてドラクエウォークにログインすると、運営からのクリスマスプレゼントが届いていて、1000ジェムと100000ゴールド、そしてサンタスライムの置物がもらえた。

そんな感じで、クリスマスプレゼントもきっちりと受け取ってしまうぐらい頻繁にプレイしているドラクエウォークだが、プレイしていて「これは失敗したな」と思うこともいくつかある。

今日は、そんなドラクエウォークにおける失敗談とそこから得た教訓を書いていく。

安易な転職をしてしまった

まずは、現実世界でもやらかす人がいるという、安易な転職だ。

キャラクターがレベル20に達するたびに、永続ボーナスも取ったことだし他の職業に転職させてみようぐらいのノリで、キャラクターたちを転職させてしまった。

戦士は盗賊へ、武闘家は僧侶へという感じだ。

転職システムを生かして他の職業時にも乗る永続ボーナスを取っていけば強くなれると思い込み、次々に転職させていった。

吾輩は、馬鹿である。

1つの職業のレベルをどんどん上げなかった結果、高レベルのクエストに行けないし、戦える敵が強くならないので経験値効率も悪いし、強い敵と戦えないから強いモンスターのこころが手に入らないし、イベントも完走できないと散々な目に遭っている。

もちろん、すべて、自業自得だ。

これが現実世界の出来事でなくてよかった。

ちなみに、攻略サイトによると、まず1つの職業で50レベルに到達してから他の職業に行けということらしい。

これからドラクエウォークを始めてみようかなと思っている方がいたら、ぼくと同じ轍を踏まないようにしてほしい。

安易な転職、ダメ、絶対。

武器の強化をケチった

次の後悔は、武器の強化をケチったことだ。

新しいスマホへの機種変更をケチるかの如く、武器の強化をケチり続けた。

道具の質が行動の効率を左右するのは現実もゲームも同じなのに、ぼくは武器の強化をケチり続けたのだ。

結果どうなったかというと、狩り効率が落ちた。

吾輩は、愚者である。

強化してみて知ったことだが、このドラクエウォークというゲームでは、無強化の武器と強化後の武器ではそこそこ攻撃力が違う。

なので、武器を強化しないと、1回の戦闘にかかる時間が伸びてしまい、1回のプレイでこなせる戦闘回数が減る。

それは、1回のプレイで得られる経験値の量が減り、アイテムやモンスターの心のドロップチャンスが減るということなのであるが、ここで重要なのは、1回のプレイで得られるゴールドの量も減るということだ。

目先のゴールドや強化素材をケチった結果、延々と低効率でプレイし続けることになってしまい、ここまでのプレイで得られたゴールドも強化していた場合のそれよりもかなり少なくなってしまったと思う。

目先のゴールドをケチると、中期的・長期的に得られるゴールドが減ってしまうが、逆に言えば、しっかり投資すれば、中期的・長期的に得られるゴールドが増えるので、増え方によっては投資分も戻って来て、さらにゴールドが増える。

その場合、さらに武器を強化し、さらにゴールドが増えるという、良い循環に入っていける。

やはり、現実でもゲームでも、お金をかけるべきところでお金をかけないとろくなことにならない。

ケチなやつが、最も損をする。

モンスターのこころを心珠ポイントに変えた

そして、心珠という後から追加されたシステムでのキャラクター強化に目が眩んで、モンスターのこころを次々に心珠ポイントに変えてしまったことだ。

CランクやDランクといった低ランクのこころなら、別に心珠ポイントに変えてしまっていいかなという安易さでやってしまった。

結果として、本来なら強化できていたはずのモンスターのこころが強化できなくなってしまった。

そして、モンスターのこころというのはドロップ品なので、なかなか取り戻せなかったりもする。

吾輩は、阿呆である。

こんなことをしてしまったせいで、モンスターのこころによるキャラクターの強化が滞り、全体の狩り効率に影響が出てしまっているのではないかと思う。

というか、出ているはずだ。

ゲームなのだから、その辺にイレギュラーはない。

ある数値分のキャラクター強化の滞りは、その分ステータスへ反映されてプレイ効率に影を落としているに違いない。

何も考えずにぼんやり反応すると損をしてしまうという、上2つと比べてもどうしようもない失敗をしてしまった。

これはもうアホとしか言いようがない。

そもそも、心珠というものは、CランクからBランク、BランクからAランクとなるにつれて、合成の成功率が下がっていくので、あまり執着すべき強化項目ではないのだ。

行動する前に、よく考えよう。