人生100年時代というけれど、将来のこと、不安に思わないとダメですか?

f:id:suguru_ozaki:20200105233145j:plain

2020年01月05日投稿

目次

最近、人生100年時代という煽りをよく見るが

最近、ツイッターで、ネットニュースで、書籍で、人生100年時代だから云々ということを言っているものを頻繁に目にする。

そこで言われていることは、ほとんどの場合、人生100年時代だからよく考えて生きようとか、人生100年時代だから将来に備えようとか、人生100年時代だけど日本の未来は暗いとか、まあ、そういった未来への不安を煽る内容だ。

けれども、本当に将来の不安を抱え、未来を心配して暮らさなければならないのだろうか。

今日は、だんだんと「人生100年」の話に疲れてきたボクが、人生100年時代には本当に暗い未来におびえながら暮らすべきなのかについて考えていくよ。

そもそも、本当に100年も生きるのかは分からない

最初に前提の話をすべきだと思うので最初に書くが、そもそもとして、人生100年時代の元ネタというのは、平均寿命とか平均余命に過ぎない。

つまり、あくまで統計上は100年以上生きる人が多くなる見通しですということが言われているだけで、この記事を読んでいるアナタやボクが実際に100年生きるかなど誰にもわからないのだ。

実際の個人レベルの話をすれば、未来においても100年など到底届かずに死んでいく人も多いだろうし、現に、高齢者だらけになった今の日本でも、40や50で死んでしまう人など、それほど珍しくはない。

今この時に何歳であれ、これから先の人生で、ボクたちが生涯に渡ってあらゆる危険にさらされ続け、その中を生き抜いた者だけが100年生きるということは、これからも変わらないだろう。

にもかかわらず、人生100年時代の生き方を訳知り顔で説く人間は多く、副業や転職、起業にスキルアップを煽ってくる情報にボクたちは晒されまくっている。

ああやって煽っている人間は、要するに「私にお金を払いなさい。私の養分になりなさい」と言っているだけなので、無視しても問題はないと思う。

遠い未来のことは想像しにくく、反論されにくいので、人を騙そうとする者はいつの時代もずっと先のことを語るものだ。

現実の人生では明日死ぬかもしれないというのに、遠い未来のことばかり心配して暮らして今を生きないなど、はっきり言ってアホなので、やめた方が良い。

アナタは、老後のために貯金をし続けた挙句、60で定年を迎えた途端に死んでしまった、そんな人の話を聞いたことはないだろうか?

将来のことを考える意義のある人間は一握り

さて、次の話をしよう。

それは、人生100年時代だからと未来を心配することが有益な人間の条件は、少なくとも、良質な情報を抱えていて、優れた考える能力を持っており、かつ、考えたことへの現実の対策を実行できる力があることであるということだ。

さて、そんな人間がどれだけいるか想像してみよう。

だれでもネットや書籍で手に入れられるような情報でなく、一部の者だけが知っていて、しかも、それを知っていることで他者よりも優位に立てる情報を持っている人は、どんな人だろう?

優れた考える能力を持っている人に溢れていれば、実質賃金が下がり続け、経済成長できなくて苦しむような社会になっているだろうか?

そして、未来を予測したからといって、未来に向けて有効な対策を採り、現実に適応し、現実を変えられるだけの実力を持っている人たちばかりなら、こんなに少子化が進み、子育てに苦労を抱える人が多いのはおかしくないか?

一応言っておくが、ネット上で将来不安を煽っている人たちは、上の条件には当てはまらない。

彼らの言っていることは、どこかで聴き齧った話やネットで拾った話の焼き増し、二番煎じに過ぎないからだ。

誰にでもできることで、ボクにだってできる。

当たり触りのない例を出してみようか。

もうすぐ5Gが来るぞぉ!これからは動画の時代だぞぉ~!!文章媒体はオシマイだぁ~!!!

ほらね。

彼らには未来を考える力など無いし、未来に備えるためのアドバイスも具体性の無いお粗末なものだ。

わざわざ付き合って、右往左往してやる必要などない。

結局、ほとんどの人は、不安に右往左往するか、不安を煽る側に回るかのどちらかで、一握りの人間でない人が大多数なのだ。

けれども、そのことにがっかりする必要は、まったく無い。

人生が100年、150年になろうと、普通の人たちは、自分の今日と明日を明るいものにできるよう、できることを淡々とやるだけでいいのだ。

徒に遠い未来のことを考えて、浮ついたダイナミックな変化など望む必要は無く、地に足をつけていればOK。

淡々とした小さな変化の積み重ね、明るい今日と明日の延長に、明るい未来がある。

少なくとも、ボクはそう思う。

最後に

昨日の記事も読んでくれた人は、ここまで読んで「あれ、昨日、今日やることとか書いてたけど、アレはどうなったの?」と思ったかもしれない。

フハハ、もちろん、ちゃんとこなしているよ。

上で「できることを淡々と」とか書いといて、自分のショボいタスクをやってなかったらカッコ悪すぎるからな!

初めての色塗りの人柱ならぬガンプラ柱は「HG1/144アビスガンダム」に決定した。

理由は、塗りやすそうだからである。

あと、メルカリの会員登録もきっちりやっておいた。

家の中の不用品、売るで~。