スマホゲームに振り回される日々

f:id:suguru_ozaki:20191224093720p:plain

2020年01月08日投稿

目次

スマホゲームに振り回されて苦しい

ここのところ、いくつかのスマホゲームをプレイしているのだが、少しずつスマホゲームに縛られているような気がして苦しくなってきた。

なんというか、ログインボーナスだったり、ゲーム内のイベントだったりを常に気にしてしまって、振り回されている感じだ。

そのうち、これは自分が本当にやりたいことなのだろうかとか、そんなことを考え出してしまい、謎の焦燥感というか、モヤモヤとした「これじゃない」感に囚われ始める。

今日は、そんなボクの思考整理のために書いているようなもので、本来は、ブログとして外に出すようなものではない。

かなり愚痴っぽいというか、ほぼ100%が愚痴なので、そういうのが大好物な底辺ウォッチャーの方以外は読まない方がいいかもしれない。

やっている時は楽しいのだが……

いや、ゲームが楽しくないと言っているわけではない。

むしろ、楽しい。

ゲームをプレイしているときは、ちゃんと楽しさを感じている。

最近のゲームは、実に高品質である。

しかし、なんというか、ゲームをしながらも、一方では他にやりたいことを考えて、それを実行する面倒臭さにグッタリしたりしているのだ。

例えば、今日こそはプラモデル用の塗料などを買いに行きたいな、などと考えながら、でも、いちいち歩いてバスに乗ってと、面倒な移動をしなければならないよなと思い、うんざりしている。

まあ、要するに、ボクは今の田舎での生活に満足できていないし、働きに出たところで満足いく報酬は得られそうもないのでダルいからやめておこうと思う一方で、田舎の住みにくさに搦めとられてグジグジと腐っているわけだ。

そんなだから、ゲームに集中できなくて、スマホゲームをやっていることにストレスを感じつつあるのだろう。

書いていて理解したが、どうやら、ボクは金が無くて田舎から逃げられないから不機嫌なようだ。

だんだんと主従が逆転してきた

そして、スマホは単なる道具なわけだから、ボクはこの魔法の板の主人であるはずなのだが、最近、主従が逆転してきている気がしている。

もちろん、スマホに意志があるわけではないので、正確には、スマホを開発・製造したり、アプリを作ったりして、それを通して人間をコントロールすることで金儲けをしている人間による支配が、良く見えるようになってきただけだろう。

そして、支配されていると一度自覚してしまうと、それが気に食わなくて仕方がない。

一応言っておくが、ボクは、こういうことばかり考える陰キャであることで、自分が苦しむ羽目になっていることを自覚しているつもりだ。

いや、自覚できていないのかもしれない。

的確に修正できないということは、自覚している内に入らないと言われても仕方がないだろう。

話を戻すと、まあ、ここのところ、スマホ、特にスマホゲームに支配されている度合いが強くなってきたように思うのだ。

別の側面から見ると、依存度合いが高まってきたと言える。

特別に「やりたい」という強い気持ちを感じていないときにまで、「やることが見つからない」という理由でスマホゲームをやっているわけだから、多分、依存しているのだろう。

ここらへんで少し離れた方がいいのかもしれないな。

いつでも再開できるのだから、距離を置いた方が良さそうだ。

うん、そうしよう。

結局は自己管理能力の問題

結局のところ、スマホゲームに関しては自己管理能力の問題だ。

最近はハッキリと理解しているつもりだが、おそらく、ボクはかなり自己管理能力が低い部類の人間だ。

この根本的な問題を解決できない限り、もはやどうしようもない所まで来てしまっていると思う。

昨日、「仙人になりたいなぁ」みたいな記事を書いた中で、何もしないのが好きだと言ったが、万事がそれで、とにかく自堕落である。

ついでに言っておくと、自己管理能力が低い上に他人に管理されるのは大嫌いなのだから始末に負えない。

無職のくせに他者に依存するのが嫌いとか笑えるが、寄生はしても支配されるのは我慢ならない。

今回、こんな内容を書き散らしてアレだったが、自己理解としては良かったと思う。

ボクは、もうとっくの昔に破綻しているのだということがよく分かった。

破綻者なりにやっていくしかないのだろう。

とりあえず

ちょっとだけ日が差して天気になってきたので、午後から買い物にでも行ってくるつもりだ。

思い出してみると、もう2週間ぐらい引きこもっている。

もしかすると、そのせいで少しネガティブになってしまっているのかもしれない。

気分転換に外の空気を吸ってくる。

ふう、最後はちょっとポジティブな雰囲気で終われてよかった。

終わり良ければ総てよしである。